妊娠初期のおりものと生理前のおりものはどう違うの?

生理前にでるおりものがいつもと違ったら、もしかして妊娠??と思ってしまいますよね。おりものはそのときのからだの状態でも大きく変化しています。生理前と妊娠初期のおりものの違いはあるんでしょうか?そんな気になる妊娠初期のおりものやおりもの以外の妊娠初期の症状をまとめています。

妊娠初期のおりもの

おりものは排卵期、生理前、生理後と生理周期によって状態が変化します。。生理前のおりものが何かいつもと違うと感じたら、もしかしたらそれは妊娠初期の症状の一つでもあるかもしれません。

女性は妊娠すると様々な変化が現れます。おりものの変化もその1つです。妊娠初期の症状は人によって個人差はありますので、もちろん妊娠していてもいつもの生理前と何も変わらなかったという方もいるようです。

しかし、生理前のおりものがいつもと違うと場合は妊娠兆候かもしれません。生理前のおりものと妊娠初期のおりものの状態について紹介します。

妊娠初期のおりものの特徴

おりものの量の変化

おりものが分泌されるのは通常は受精の手助けをするためや、細菌が膣内に入っていくるのを防ぐ働きがあります。排卵期あたりのおりものは受精しやすくするために、いつもよりも量が増えて水っぽい透明の状態です。

排卵後はおりものの量も減り、今度は粘り気のある濁った状態のおりものである事が多いようです。通常は排卵後はおりものは減っていくようですが、妊娠していると排卵後もおりものの量が増えることがあるようです。妊娠した場合にこのおりものが増えるのはホルモンが影響しているようです。

しかしこれも個人差があり、妊娠していたとしてもおりものの量が全く変わらないという方もいるようです。

おりものの色

妊娠初期のおりものの変化は量だけではなく、おりものの色が違ったという方もいるようです。おりものは透明、少し白っぽいおりものであることが多いのですが、妊娠初期に見られるおりものは、茶色っぽい色であることもあるそうです。

茶色のおりものの場合は着床出血が混ざっているということも考えられるようです。人によっては着床する時に出血をする方がいますが、その出血は鮮血の場合もありますが、生理の出血とは違い、茶色くドロっとしたおりものが出る事もあるようです。

しかし、妊娠していないかたでも普段から、生理前に茶色のおりものが出るという方もいますし、この色のおりものだったら妊娠しているというものではないようです。

普段の自分の生理前のおりものの色と比べてどうなのかが大事です。いつもの生理前とは全然違う色をしている場合は妊娠兆候の一つであるかもしれません。

卵白状のおりもの

生理予定日あたりで、卵白状の透明なおりものが多く出たという方もいるようです。通常生理前にはおりものは減少する傾向にありますが、妊娠してるとエストロゲンの分泌が増えます。

その影響でおりものの分泌量が増えるようです。妊娠が分かる前にこのような卵白状のおりものを体験している女性も多いようです。生理予定日あたりでこのようなおりものが増加してきたら、これも妊娠兆候である可能性もあるようです。

通常のおりものとは違う?

妊娠初期の症状でおりものが増えたという人は多くいるようです。このおりものの変化は妊娠した事でホルモンが変化するために起こる症状のようです。

生理前のおりものは血の様なにおいがする事もあるようですが、妊娠初期のおりものは臭いがなくなったりということもあるようです。おりものの変化は妊娠初期の症状の一つではありますが、その時のたいちょうなどによっても妊娠していなくてもおりものの状態が変化する事もあるので、あくまでも目安程度とされているようです。

塊のようなおりもの

妊娠したらおりものが塊みたいになった

妊娠初期に塊のおりものが出た!という方もいるようです。妊娠したことによって生じるおりものの変化は人によって様々あるようです。

白い塊のようなおりものが妊娠初期に出る事もあるようですが、これは下着におりものが付着してから、時間が経過して白く塊のようなおりものに見えるということもあるようです。そして妊娠したことによって起こるおりものの変化は時に違う病気による変化の可能性も考えられるようです。

色が茶色のおりものの塊

茶色のおりものは血液を含んだもののようです。妊娠初期はホルモン分泌量が増えるためおりものの量も増えていきます。。そこに出血した血液が混ざり茶色の塊のようなおりものに見えることがあるようです。

茶色の塊のようなおりものがでると不安になることもあると思いますが、通常は茶色のおりものは問題がない場合が多いようです。茶色のおりものと同時に腹痛がある場合は流産などの可能性もあるようなので病院を受診することをお勧めします。

ピンクや赤は要注意!

妊娠初期にピンクや赤のおりものが出た場合は、要注意です。特に生理の時のような鮮血が出た場合は、なんらかのトラブルの可能性があります。例えば流産や切迫流産の兆候である場合や、子宮筋腫などの婦人科系の病気、子宮外妊娠などが考えられます。

ただおりもの以外に下腹部痛などを伴う場合は、トラブルの可能性が高いと言えますが、必ずしもそうとは限りません。ですから慌てず、落ち着いて産婦人科を受診することが勧められています。

妊娠初期でもし葉酸サプリをまだ摂っていない人はまず葉酸サプリの摂取を

おりものの変化で妊娠かも?と思った方は、葉酸についても知っておくと良いでしょう。
葉酸は妊娠期に欠かせない栄養素として注目されています。
国が推奨していることもあり、一度は耳にした事がある方も多いと思います。

葉酸は食事からも摂取できますが、水に溶けやすく、熱にも弱いため、食事から摂取するのは困難です。そのためサプリメントでの摂取が推奨されています。

また、葉酸サプリの中でもオススメなのが写真の「ベルタ葉酸サプリ」です。
赤ちゃんのためにも自分自身が女性らしくいるためにも必要なビタミンやミネラルなどの栄養素をまとめて摂取できるので、その効果がクチコミで一気に広がり話題になっています。

これって病気?こんな症状に注意!

妊娠すると色んなおりもののの変化があるようですが、このおりものの変化は感染症などが原因の場合もあるようです。妊娠中は膣内の酸性度が下がってしまい菌が入りやすくなるため、感染症などになりやすくなるようです。それがおりものの変化としてれているということも考えられるようです。

普段の自分のおりものの状態と違えば、何か異常なのではないかと気付く事が出来ます。おりものは水っぽいものやクリーム状であるのが一般的ですが、そのおりものが白いポロポロした塊のおりものや泡状のおりものは感染症の可能性があるとされています。

カンジタ膣炎やトリコモナス膣炎の可能性があるようです。これらの感染症になった場合、おりものの形状の変化だけでなく、臭いが強くなったりかゆみもが出るなどの症状が出る事が多いようです。

このような症状が出た場合にはすぐに病院を受診しましょう。もし妊娠していた場合には、このような感染症は胎児にも大きな影響を与えてしまう事にもなりかねないようですので、注意が必要です。

オリモノ以外の妊娠初期症状

1.吐き気がする

妊娠初期にはおりものいがいにも吐き気などの症状を感じる方もいるようです。つわりは一般的には生理予定日から1週間過ぎたあたりから感じる方がおおいようですが、妊娠の超初期の生理予定日前から吐き気を感じる事もあるとされています。

生理前につわりのような胸焼け、吐き気を感じて、ゲップが多く出るという方もいるようです。この吐き気や胸焼けは、流産しないように体がアルカリ性に保とうとする働きがありますが、それが影響しているようです。

2.生理痛のような腹痛がする

妊娠初期症状として、腹痛を経験した方も多いようです。軽い生理痛のような、子宮付近がチクチク痛むような感じがあるようで、おなかが引っ張られるように感じた方もいるようで、このような症状も妊娠兆候の一つであることもあるようです。

痛みの度合いにはもちろん個人差もありますし、下腹部に痛みがでると生理前の痛みと思い妊娠の症状だとは気付かない方のほうが多いようです。

3.頭痛がする

妊娠超初期には頭痛の症状に悩まされていた方も多いようです。この頃は、黄体ホルモンが大量に分泌されています。体温も高い状態のため熱っぽさを感じてだるさや頭痛など不調を感じることがあるようです。

頭痛も妊娠初期症状の一つですが、生理前にもこのような熱っぽさや頭痛を感じているか方もいるため、このような症状で妊娠しているとは気付かない場合もあります。頭痛の程度は人によって様々ですが、偏頭痛のようにズキンズキンと痛む場合が多いとされています。

頭痛だけで妊娠初期の症状と判断するのは難しいため、ただの生理前の症状と思い、頭痛薬などを飲んでしまうことも多いようですが妊娠の可能性があるのであれば、市販の薬の服用はなるべく控えたほうがいいでしょう。

4.めまいがする

妊娠すると自律神経がみだれやすくなりホルモンの影響などでめまいや立ちくらみを感じることも多いようです。妊娠中は子宮のほうに血流が集まるため、貧血にもなりやすいとされています。貧血になることでやめまいも起こりやすくなるようです。

妊娠中のめまいはつわりの症状の一つとして考えられているようです。特に妊娠初期の体は不安定なためこのような症状が出やすい状態にあるようです。

しかし女性はこのようなめまいや立ちくらみの症状を普段から感じている方が多いので、この症状だけで妊娠初期と判断するのはとても難しいようです。

5.イライラする

女性は生理前もイライラしやすくなる傾向がありますが、妊娠する事で黄体ホルモンの分泌量が増えるため生理前と同じようにイライラしやすくなるようです。

普段生理前にイライラをあまり感じていない方も、妊娠初期にこのイライラを感じたという方は多いようです。個人差はありますが、普段よりもイライラの症状が強い場合は妊娠兆候の可能性もあるかもしれません。

6.着床による出血

着床による出血は、女性の子宮で受精・着床することで起こる少量の出血のことです。これは「着床出血」と呼ばれ、排卵してから1~2週間後、つまり生理予定日頃に起こるため、生理と区別がつきにくいと言われています。

この着床出血は妊娠初期症状のひとつにあげられますが、実は誰もが体験するものではなく、実際に起こるのは50人に1人の割合とされています。ですから着床出血がないからといって、妊娠していないと断言はできません。

7.下痢

妊娠初期は赤ちゃんを育てるために身体が変化するため、ホルモンバランスが乱れやすくなります。このホルモンの分泌を促す働きを持つ脳の部分は、自律神経を司っている部分に近いため、ホルモンバランスが崩れると、自律神経にも乱れが生じると言われています。自律神経は消化機能にも関わっているため、下痢が起こりやすくなるのだそうです。

ただ下痢だけでは、妊娠の初期症状か判断は難しいと言えます。可能性がある場合、妊娠検査薬で妊娠の有無を確認するまでは、自己判断で市販薬を飲むのは控えるようにしましょう。

8.心的変化

妊娠中はホルモンバランスの影響で、精神的に不安定になりがちです。なんとなくイライラする、ちょっとしたことで怒ってしまう、前触れなく涙がこぼれる、理由もなく気分が落ちこむ、など、感情が自分でコントロールできなくなる、という症状が表れるようです。

これも生理前のイライラなどの精神的な症状に似ていますが、妊娠初期症状のひとつとされています。

9.風邪っぽい症状

妊娠するとホルモンの影響で、37度前後の高温期が続きます。そのため熱っぽさを感じたり、寒気や体のだるさ、頭痛など、風邪によく似た症状がみられるそうです。

また妊娠するとホルモンバランスが乱れることで、免疫力が低下し、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。ですから実際に風邪をひいてしまうことも珍しくないのですが、妊娠していた場合、安易に市販薬を飲むのは危険です。妊娠が疑われる場合は、自己判断で薬を飲まないようにしましょう。

10.眠気

眠気も妊娠初期症状のひとつにあげられます。これも生理前の症状にそっくりですが、妊娠していた場合はより強い眠気に襲われるそうです。我慢できないほどの強烈な眠気に体のだるさも伴う場合や、いくら寝ても寝たりないなどの場合は、妊娠の可能性があります。

こういった場合は、体が休息を求めていると考えて、無理をせず体を休めるようにしましょう。

11.胸の張り

胸の張りは生理前にも起こる症状ですが、妊娠初期症状のひとつでもあります。これは妊娠したことで、ホルモンが急激に増加し、母乳がつくられる乳腺組織や、母乳が通る乳管が発達することで生じるものとされています。

生理前の胸の張りは早くて排卵直後からみられますが、もしその状態が生理開始予定日を数日~1週間過ぎても続いている場合は、妊娠を疑ってみましょう。

12.トイレの回数が多くなる

妊娠すると血液が腰あたりに集中することで、刺激を受けた膀胱が敏感に反応することや、子宮が急激に変化することで、すぐ近くにある膀胱に影響を及ぼすなどの理由で、トイレの回数が多くなると言われています。

頻繁にトイレに行くのは面倒だと思いますが、我慢してしまうと膀胱炎になる可能性があります。ですから我慢せずに、早めにトイレに行くようにしましょう。

生理前のおりものの特徴は

おりものの色は

生理前のおりものは通常は、白くにごったようなおりものであることが多いようです。生理前に白いおりものが出るのは一般的です。

おりものは生理周期に合わせて変化しています。排卵あたりのおりものは透明で生理に近づくにつれて白っぽいいろに変化していうようです。人によっては生理前のおりものが黄色っぽいという方もいるようです。

生理前のおりものは白や黄色であることが多いので下着が汚れるのが気になる時期でもあります。

おりものの状態は

排卵が終わってからのおりものは段々と排卵期に比べて量は減少傾向にあるようですが生理前にはその量が少しまた増えてきます。

生理の数日前から血液が少し混ざったようなおりものがでることもあるようです。

おりものの匂いは

生理前になるとおりものの匂いがきつくなる事があるようです。人によっても違いますが、ホルモンのバランスの関係で皮脂分泌も増えてくるためにおいがきつくなる事があるようです。

そしてデリケートゾーンからでる汗もおりもののにおいに関係しているようです。生理前や生理中は発汗も活発になるので匂いがきつくなる事もあるようです。生理前のおりものには血液も少し混ざっている事があるため、これも生理前のおりもののにおいに関係しているようです。

粘りはある?

生理前のおりものはドロっとした粘り気のあるおりものに変化していくようです。排卵期は透明のさらさらしたおりものですが生理前になるとこのおりものが、膣内に細菌が入るのを防ぐために粘性を持ったおりものになるようです。

妊娠初期のおりものとは違う?

生理前のおりものは粘り気のドロっとしたおりものであることが多いようですが、妊娠初期のおりものは
サラサラとしたおりものが増えたという方が多いようです。

しかし妊娠超初期のおりものが生理前のおりものと同じように粘性のあるおりものであったり、茶色のおりものであることもあるようなので、個人差があるようです。

このおりものの色や状態は、目安なのでみんなに当てはまるわけではありません。自分の普段のおりものとの違いを感じたら、それは妊娠の可能性も考えられるかもしれません。

おりものの周期

生理時

生理が始まってから終わるまでの間は、おりものの量が最も少ない時期のため、ほとんど目にすることはありません。これは例え僅かにあったとしても、経血に混じって排出されるため、気付かないことが多い、というのも理由とされています。

排卵期前半

生理が終わると訪れるのが卵胞期です。排卵期に入る前の前半は、生理直後のため、おりものは少し経血が混じっている状態で、粘度は低く水のようにサラサラとしているのが特徴とされています。

排卵期

排卵期はおりものの量が最も多くなる時期です。この時期のおりものは、透明でとろりとした水のような状態か、透明のゼリー状になることもあり、指で伸ばすと10cmほど伸びることや、においがほとんどないことが特徴とされています。

黄体期

排卵期が終わって黄体期に入ると、おりものの量は減り、白っぽくてベタベタした、粘度の高い状態に変化します。下着におりものがつくと、黄色っぽく見えることもあり、においも強くなるようです。

生理前

生理前になると、おりものの量はまた増え始めます。おりものは白濁していて、においも強く、生理の数日前になると、粘り気のあるおりものに少量の血液が混じることもあるようです。

妊娠初期のこんなおりものは要注意

おりものと一緒に鮮血がある

妊娠初期のおりものに血液が混ざっていても、その原因が着床出血や絨毛膜下血腫などであれば問題がないこともあるようです。しかし妊娠初期におりものとともに鮮血がある場合は注意が必要です。

ピンクぽいおりものや赤いのおりものは鮮血が出ているということのようです。その出血が大量の場合は流産も考えられるようです。そのような鮮血が出た場合はすぐに病院を受診しましょう。

出血が多い

出血量が多い場合は、そのほかの症状で腹痛も感じている場合胞状奇胎や子宮外妊娠などの可能性も考えられるようです。出血が多いというのは危険な場合である事が多いようです。

胞状奇胎は妊娠初期の4週から11週くらいに、異常に絨毛が増殖してしまい子宮の中が水泡状の粒で満たされてしまう病気です。症状としてはひどいつわりや出血や茶色のおりものつづくようです。

子宮外妊娠は子宮以外のところで受精卵が着床してしまうことです。卵管に着床した場合は卵管が破裂してしまい大量の出血があるようです。それと同時に痛みもひどいことが多いようです。子宮外妊娠した場合は、着床部分を切除しなければいけないようです。

出血がとまらない

出血が止まらない場合は、切迫流産の可能性もあるようです。切迫流産は出血やお腹の張り、お腹の痛みを感じるようです。

症状が軽く深刻でない場合は鮮血ではなく茶色いおりものが出る程度であることがおおいようですが、出血が多い時や出血が止まらないなどの症状が出た場合は入院が必要になる場合もあるようですので、注意が必要です。出血が止まらない時には安静にすることが大事なようです。

腹痛とともに出血がある

妊娠初期に腹痛を感じる人は多いようです。生理痛のような鈍痛を感じても、その症状は一般的で、異常がある可能性も確率的には少ないようですが、腹痛と同時に出血がある場合は流産の兆候である可能性もあるようです。

しかし腹痛と同時に出血があると必ず流産の可能性があるとも限らないようです。妊娠中は不正出血も起きやすいということもあるので、パニックにならずに落ち着いてまずは状況をしっかり把握しておきましょう。

おかしいなと思ったらすぐに病院へ

おりものに鮮血が混じっていたりして異常を感じたら、すぐに病院に行きましょう。鮮血が混じっていても問題がないこともあるようでうが自己判断はやめましょう。

流産やその他の原因も考えられるため必ず病院で診察してもらいましょう。その時は今の自分の体調やおりものの変化を性格にお医者さんに伝える必要があります。スムーズにするためにメモなどに書き留めていくといいでしょう。

普段からおりものを観察する習慣を

トイレットペーパーでチェックする習慣

女性は生理周期でおりものが変化していくものです。そして、その時の体調でもおりものに現れることが多いようです。

普段、トイレにいって下着におりものがついていればみる事はありますが、それほどちゃんと観察はしていないという方も多いのではないでしょうか。普段からおりものの状態をチェックすることはとても大事な事です。トイレにいった時にトイレットペーパーについたおりものを必ず確認するように習慣づけると良いでしょう。

そうすることでより自分のおりものの状態を把握しやすくなります。普段から観察していなければ、妊娠初期におりものが変化してもそれに気付く事もできないかもしれません。

いつものおりものとの変化を確かめる

女性は生理周期によって体は変化しています。自分のおりものが普段どういう状態なのかを知っていれば、生理前のおりものと妊娠初期のおりものの違いを見分けることも出来るかもしれません。

人によって生理前に出るおりものの状態は違います。普段の自分の生理前のおりものを基準にして違いを見ていくといいかもしれません。

下着は清潔なものに変える

生理前や妊娠初期はおりものの量傾向にあるため、下着につくととても嫌な感じがしますよね。おりものがついたまま放置しておくのは不衛生ですし、雑菌も繁殖してしまいます。

妊娠初期は体も肌も敏感になっているため、かぶれやすくなったり、カンジダ膣炎にもなりやすくなるようなので、下着はなるべくマメに変えるようにしましょう。そして下着の素材も面などの通気性がいいものを着用するようにしましょう。湿度が高い状態だとさらに菌が繁殖しやすくなりますの注意が必要です。

おりものシートの使い方

おりものが多い時はおりものシートを活用するのもおすすめです。おりものシートはいつつけても大丈夫です。ただしこのおりものシートも長時間同じものをつけるのはよくありません。

雑菌が繁殖しやすくなるのでこまめに変えて清潔な状態を保ちましょう。できればトイレに行く度に取り替えるといいでしょう。肌の弱い方は、布製のものをつけるといいでしょう。布製であれば、通気性も良くかぶれにくくなりますよ。

妊娠初期のからだはデリケート

からだは冷やさないようにする

妊娠中のからだはとてもデリケートです。妊娠中はホルモンの関係で体温は上がり熱っぽさは感じますが、下半身が冷えている事も多いのです。妊娠中の女性はいがいにも体が冷えやすい状態のようです。

妊娠初期の体の冷えは女性の体に大きく影響します。体が冷えていると、吐き気などのつわりがひどくなったり、お腹も張りやくなり、腰痛なども感じやすくなるようです。

そして下半身お冷えが原因で体がむくんだりすることもあるようです。体の冷えはおなかの中の赤ちゃんにも影響してしまうようなので、妊娠初期は特にからだを冷やさないようにする事が大事です。

腹巻きや靴下などでまずは体を冷やさないしましょう。体調のいいときは歩いたりして、体の筋肉を使ってあげることも血流を良くするためには必要です。

他には食事で中からからだを温めて上げましょう。冷たい飲み物は控えて、温かいものを積極的にとるようにしましょう。

おりものは大切なからだのサイン

おりもののは女性のからだの大切なサインです。女性のからだはストレスなども影響しやすく、体調の変化などもおりものの変化として現れることがあります。

感染症などの場合もおりものに大きな変化が現れます。妊娠中は女性ホルモンの作用によりおりものが変化するという片も多いようです。

ですから、おりものに変化があった場合は、何かからだからサインが出ているという事です。その変化を見極めるためにも普段からしっかり自分のおりものの状態を知っておきましょう。

おりものだけでは判断しないで

妊娠初期のおりものは何かしら、普段のおりものとは違う事が多いようです。生理前に普段出ないようなおりものが出た場合は妊娠の可能性もあるかもしれません。

おりものの状態も人それぞれ違うため、このおりものが出たら妊娠している!というわけではないので、それ以外の自分の体調の変化や体温などと合わせて比べてみるといいかもしれませんね。

おりものを普段そんなに意識していないという女性も多いと思いますが、おりものから自分の今の状態がわかることもあるので、普段から意識しておりものチェックしてみるようにしてくださいね。