白いおりものは妊娠の初期症状?それとも病気?考えられる5つの原因と判断方法や様々なおりもの対策について詳しく解説!

あなたは、自分の身体がいつもと違うな、と感じたことはありませんか?自分の身体だからこそ、何気ない体調の変化にも気づきますよね。今回はその変化の1つ、白いおりものに着目していきたいと思います。白いおりものが出たけど大丈夫?何かの病気のサイン?誰にも相談できない悩みを、解決してしまいましょう。

白いおりものが出たら何かのサイン?

通常、透明や乳白色のおりものですが、いつもとは違う白い色だったことはありませんか?普段と違うおりものに、不安を感じる女性は少なくないと思うのです。

もしかしたら、それは子宮系の病気のサインかもしれません。どうして白いおりものが出るのか、原因をはっきりさせて女性の悩みを解決したいと思います。

そもそも、おりものとは何なのか?

おりものの本来の役割

おりものってベタベタするし、下着は汚れる。放置しておくとニオイも気になる。そういうようにマイナスイメージを持っている女性が多いのではないでしょうか。

しかし、おりものには「膣の中のpH値を維持する(感染を防ぐ)」「菌の侵入を防ぐ」「受精を助ける」「潤いを保ち、摩擦から守る」という重要な役割があるのです。
横浜 婦人科 ポートサイド女性総合クリニック ~ビバリータ~

おりものとは 名古屋市栄にある婦人科 ともこレディースクリニック

正常なおりものの状態とは?

形状・色

おりものは日によって量が変わったり色が違ったりしますが、正常な状態では透明に近いか白っぽい色をしています。また、水っぽくさらっとしていたり、薄いクリーム状だと正常であると言えます。

おりものに塊がなく、また、膣にかゆみなどが生じていない状態が、膣が正常である目安になります。その時は、おりものもさらっとした透明のものや、粘りのある透明のクリーム状でしょう。

どのような時に白色のおりものが出るのか?

時期

おりものには「受精の手助けをする」役割があります。そのため、排卵が近づくと受精の手助けをしようと働き、量が増えて透明で水っぽい状態になります。

そして、排卵後しばらくすると、今度は「病原体や細菌が膣内へ侵入するのを阻止する」役割を全うするため、おりものは量が減って粘り気のあるドロっと濁った状態になります。この時に白いおりものが見られるのです。

また、妊娠中にもおりものの色が変化します。白っぽく濁ったり、黄色がかった色になった時は、妊娠初期症状のおりものである可能性があります。

このように、おりものの色や形状の変化は、排卵期や妊娠によって変化します。いつもと違う色になっていて、それが長く続くようであれば、妊娠の可能性があるということです。

胃腸が弱っている

白色の水っぽいおりものが出るのは、胃腸が弱っている状態でも見られる症状です。身体が冷えて、むくみ、胃腸が弱ったことで、おりものまで水っぽくなるのです。

白いおりものから考えられる5つの危険な病気とは?

1.カンジダ膣炎

白いおりものが出た時には、妊娠の可能性だけでなく性病も疑ったほうが良いでしょう。まず、発症率が高いのがカンジタ膣炎です。

何らかの原因で、膣内のカンジダ菌が繁殖してしまった場合に白いおりものが出ることがあります。これは体調が悪い、疲れがたまっているなどで身体の免疫機能が低下してときに起こりやすく、また、性交渉によっても感染することがありますが、女性の場合はカンジダ菌は常在菌でもあるので、体調からのものが多いようです。

おりものはカンジダ菌の場合、酒かすやチーズに似ていると表現される白色から黄緑色がかった、少し固めのおりものが出やすくなります。臭いが強くなり、カンジダ菌の繁殖の影響で膣の中がかゆくなったり、外側が赤く腫れてくるなど、痛みを伴う場合も出てきます。

2.子宮膣部びらん

おりものの量が増えたり、色が白く濁った状態が続くと、子宮膣部びらんである可能性もあります。子宮の入り口がただれることもあります。”びらん”は一般的には赤くただれたような状態をいうものですが、炎症を起こして上皮が欠損している場合を真性びらんといいます。

子宮膣部は生理前などに入り口が外側に開いたようになり、正常な状態でもびらん状に見えます。これは仮性びらんや偽びらんと呼ばれ、多くはホルモンの影響などで起こるもので、心配のない真性びらんとは違うものです。

真性の子宮膣部びらんは上皮が欠けていることで細菌に感染しやすく、そこから子宮頸管炎などの病気を発症する可能性もあります。血が混じるなど、おりものの状態に異常を感じたら、必ず婦人科を受診しましょう。

3.子宮頚管炎

子宮頚管炎とは、膣と子宮を結ぶ子宮頸管が大腸菌、ブドウ球菌などの感染で炎症を起こした状態です。近年増加が見られるのはクラミジア菌による感染症で、特徴は黄みや黄緑色っぽい、濃い色の濁りの混じる臭いの強いおりものが出ることが初期の症状と言われます。

前述の子宮膣部びらんの真性びらんから起こる場合もあり、子宮への感染や、子宮頸がんの原因となるウイルス(ヒトパピローマウイルス)の感染率も高くなる傾向があるようですので、非常に注意しなくてはいけません。おりものに異常を感じたときは、やはり婦人科などで相談するようにしましょう。

4.クラミジア感染症

クラミジア感染症はクラミジアという細菌による感染症で、この細菌は性交渉のみでしか感染しないものです。保菌者との性交渉があれば、5割以上といわれるとても高い割合で感染が起こるということですが、おりものの変化は比較的少なく、濁った白色もしくは黄色っぽいのおりものが増える症状があらわれる程度です。

自覚症状が少ないため、放置しがちですが病気が進行すると、このクラミジアの感染が原因で不妊症になる場合や、卵管など子宮の付属器官や骨盤内の炎症なども発症します。
妊娠中の方は、出産の時に赤ちゃんに感染して、重い肺炎などの原因となることもあるようですので、出産までに治療をしておきましょう。

5.トリコモナス膣炎

寄生虫の一種であるトリコモナスが膣に感染する炎症疾患です。主に性交渉によって感染します。また、まれに下着や便座を介して人から感染することもあります。

おりものの量が増え、泡立ったクリーム色のおりものが出るようになります。きつい臭いも特徴的で、また激しいかゆみを伴うこともあります。

妊娠するとおりものの色や量が変化する?

エストロゲン

卵巣から分泌される女性ホルモンの1つは、エストロゲン(卵胞ホルモン)です。排卵日付近のおりものの色や量は、このエストロゲンの分泌と密接な関係にあるのです。

妊娠すると、エストロゲンが大量に分泌されます。それに比例し、おりものの分泌量も増えるのです。また、妊娠初期には濁った白色または薄いクリームのような色に変化します。おりものの量が増え、色や形状が変化したら、妊娠の可能性もあるということです。

プロゲステロン

卵巣から分泌される女性ホルモンの1つはエストロゲン(卵胞ホルモン)でしたが、もう1つはプロゲステロン(黄体ホルモン)です。プロゲステロンは排卵後から量が増えて生理前にぐっと減るため、排卵後のおりものに影響します。

生理周期と同じように、おりものも2つの女性ホルモンの影響を受けているため、排卵後はプロゲステロンの影響で、おりものの量が減少していきます。おりものの分泌量が減ることで、そのぶん密度が増して粘り気のあるものになります。

妊娠初期?危険な病気?おりもので区別するにはどうすれば良いのか?

臭いへの違和感

おりものが魚臭い、なんだか生臭いなど、臭いの症状がある時は細菌性膣炎に感染している可能性を疑った方が良いでしょう。嫌な臭いが続く場合には、早めに産婦人科を受診し、治療することをおすすめします。

形状・色

固めでチーズに似たものや、粘度の高いクリームのようなおりもの、下腹部に力をいれると白色や黄色のドロっとした膿のようなおりものが出る、また、乳白色や黄色、緑がかった色のものなど、通常と違う色が着いている、泡立った状態のおりものが出るなど、そのような症状は、細菌による感染症である可能性が考えられます。
痛みや痒みを伴うようであれば、なおさら病気である可能性が大です。自己判断をせず、すぐに産婦人科へ行ってください。薬が処方され、すぐに治療することが出来ます。

生理前のおりものがいつも異なる場合はどう判断すれば良いの?

妊娠超初期症状

“妊娠超初期症状”は、非常に早い段階で表れる妊娠による身体の変化のことで、強い眠気や身体がだるい、お腹が痛むなど、一般的な不調を思わせる症状が多いと言われ、おりものの色や量の変化も妊娠の前兆として表れます。

おりものの量が増え、いつもと違う水っぽさや、無色透明だったおりものが白や黄色など、少し濁った濃い色に変化することもあります。少しだけ出血があった、などは着床出血である可能性もありますので、心当たりがある方は、妊娠検査薬などで調べる、婦人科で確認をするなどしてみましょう。

妊娠検査薬は、生理の予定日より1週間経ってからでないと正しい判定が出ない場合、ごくまれに陽性でも陰性と出る場合もあるようですので、おりものに異変があるときは、病気の診断も含めて病院で相談するのが良いでしょう。

排卵期

おりものの量が増えてるな、と思っても、排卵期にはホルモンバランスでおりものの量が増えるものです。ご自身が排卵期であれば、透明でゼリー状、白い粘り気のあるおりものが増えるということもあります。月経のすぐ前なども、同じようにおりものが増える場合があります。

妊娠中

妊婦さんの約80%が、「妊娠中におりものの量に変化を感じる」と答えています。妊娠中には量が増え、色も濃くなりると感じる方が多いようです。膣内には乳酸を分泌する常在菌がいるので、酸味のある臭いは健康な状態でもあるものですが、臭いが強くなったと感じている方も多いようです。

妊娠中はいつもと体調が変わっているため、菌などの感染も起こりやすくなる傾向があります。菌の繁殖を抑えるには清潔を保てるよう、蒸れない素材の下着選びなど工夫をするのも効果的でしょう。

生理予定日を確認

生理予定日が来ると、エストロゲンの影響でいつもより量も多く、ドロドロしたおりものが分泌されます。いつもとちょっと違うおりものが出たら、生理予定日を確認してみましょう。

生理予定日が近いのであれば、おりものが変化していても安心できますね。もし、色や匂いなども確認して不安を感じるようであれば、やはり万が一のことも考えて、婦人科で診察を受けましょう。

おりもの対策にはどのようなものがあるのか?

清潔にする

おりもの対策として最も簡単なのがビデでしょう。ただし、洗いすぎでかえって菌への抵抗を下げてしまう事場合もあるようです。もともと私たちの身体には、常在菌による自浄作用があるので、ビデの使い過ぎには注意しましょう。

おりものの臭いが気になるという方は、下着を数枚持ち歩くのも1つの方法です。1日に何度か履き替えることで清潔に保たれ、臭い対策になります。

また、デリケートゾーン用の石鹸もあります。オリモノの臭いの原因である雑菌に働きかけて、臭いを抑える効果があるようなので、試してみると良いでしょう。

パンティライナーを使う

ドロッとしたり、量が多かったりと、おりものの悩みは尽きませんね。パンツが汚れるのが嫌という方には、パンティライナーやオリモノ用のナプキンを使うことも方法のひとつです。

便利な反面、長時間着けていることで雑菌が繁殖しやすくなるため、ナプキンやタンポン、パンティライナーはこまめに取り替えることがとても重要です。デザインが可愛いものや香り付きのものもあるので、楽しく選べると思いますよ。

体調変化を確認する

普段はそれほど気にならなくとも、体調が悪い時におりものが粘つき、臭いが強くなってしまうこともあります。あまりにも症状が続く時には、どこか体調が悪いのではないかと疑いましょう。普段から体調管理に気を配ることが、おりもの対策の1つにもなります。
医療機関を受診する

おりものの状態がいつと違う!そのような症状が続くのであれば、性器の炎症や感染症のサインである可能性が高いです。不安に感じたら自己判断をせず、なるべく早く医療機関を受診して検査を受けましょう。

病院は産婦人科を受信すると良いです。ほとんどの場合、性行為などに関する問診や医師による触診を行い、膣の中に綿棒を差し込んで分泌液を採取します。保険適用のため検査自体の負担も少ないので安心して受信することが出来ます。

まとめ

おりものに異常を感じたら、それは妊娠の兆候であったり、病気のサインかもしれません。また、おりものの状態は健康状態によっても大きく変化します。

普段からおりものの状態を観察することで、自分では気付いていない身体の不調をいち早く察知することに役立ちます。白っぽいおりものや粘り気の多いおりものが出たら、今一度、自分自身の健康状態を確認するためにも病院で検査を受けましょう。

おりものの検査と合わせて性病にかかっていないかどうかを確認することも出来ます。自己判断よりも確実に健康状態を把握することが出来ますので、これを機に産婦人科へ足を運んでみてはいかがでしょうか?