生理後の出血が続いてるのはなぜ…?出血を招く原因や病気まとめ

「生理が終わったはずなのに出血した・・・」と生理後の出血に悩まされる方は以外に大勢いらっしゃいます。実は生理後の出血には様々な原因が隠されていると言われています。そこで、今回はなぜ生理後に出血が起こるのか、生理後の出血を招く様々な病気としては何があるのかについてまとめていきます。

生理後に出血が起こったら・・・

「生理後に突然出血!」なんてことになるとかなり焦りますよね…。ただし、実は生理後の出血と一言で言ってもいくつもの種類があります。

生理の時以外の出血は一般的に「不正出血」と呼ばれます。不正出血の中には誰にでも起こるようなものから危険な病気の前兆として起こっているもの、早急に処置が必要なものまで様々な原因があります。

そこで、今回は生理後に出血を招く様々な原因や危険な出血の見分け方などをご紹介していきます。

生理後の出血には2種類あった!

生理後の出血には主に2つの種類があると言われています。一つ目は器質性出血、もう一つは機能性出血です。器質性出血は子宮頸がんや子宮筋腫などはっきりと目に見える病変が原因としてある場合です。

それに対して機能性出血でははっきりと目に見える変化は無いのに出血している場合です。機能性出血の原因として多いものにホルモンバランスの異常があります。ホルモンバランスが乱れていることは目で見ても分かりませんが出血の原因の一つになることがあります。

この出血は病院を受診する必要があるの?

生理後の出血には器質性出血と機能性出血があると書きましたが大切なのは何が原因で出血しているかを把握することとその出血は病院を受診した方が良いものかを判断することです。

ただし、はっきりとした原因は病院を受診しない限りは分かりませんし、自分で「大丈夫だろう」と判断して放置することも危険です。不正出血は多くの場合は自然な出血で放置しておいても大丈夫と言われています。

しかしその反面、身体が異常を知らせてくれているサインになっていることもあります。自己判断で解決するのではなく不正出血が続く場合や少しでも不安がある場合は受診をして医師に診てもらうようにしましょう。

また、特に以下の項目に該当する方は早急に婦人科を受診しましょう。これらの症状がある場合は身体の中で何か深刻なことが起こっている可能性があり放置するのは非常に危険です。

即受診をするべき症状とは?

即受診をすべき時の見分け方としては出血の量があります。出血の量が多くナプキンに収まりきらないような場合や頻繁にナプキンを変える必要がある場合は特に注意が必要です。このような場合は休日でも救急を受診した方が良いケースもあります。

特に鮮血が大量に出血しているという場合は血管系に何か急速にトラブルが起こっている可能性があります。大量の出血を放置すると貧血を招きひどくなると輸血が必要になったり、意識を消失してしまうこともあります。

“出血量が多い場合は即座に受診!”あなたの大切な身体を守るためにもこれだけは必ず意識しておいてください。

出血するタイミングにも注意しよう!

また、出血しているタイミングにも注意を払う必要があります。例えば生理後7日~10日程度で起こる不正出血は排卵期出血の可能性があります。この場合はよほど多量の出血でない限りは心配する必要はないと言われています。

排卵期出血とは排卵期に起こる出血ですがその原因としては女性ホルモンのバランスが乱れていることや卵子を排卵する際に卵巣の表面が破れて起こると言われています。

女性の生理現象として起こるものなので特に放置しても問題ないと言われていますがホルモンバランスが乱れることには体質や生活習慣が関係していることがあります。何か生活習慣で乱れているところがないかを一度確認してみるのも非常に大切でしょう。

排卵期出血かどうかはどうやって見極めるの?

排卵期出血かどうかを見分ける方法としては基礎体温を図る方法が有効です。女性の身体は排卵を基準にして、4つのサイクルに分けることが出来ます。4つのサイクルとは、生理期間中である「月経期」、排卵の準備期間である「卵胞期」、排卵日から次の生理日までの期間「黄体期前期」と「黄体期後期」のことです。

そして、実際に排卵が起こるのは、排卵の準備が終わった卵胞期の最後から、黄体期前期の間で起こるようです。この排卵日は、基礎体温がガクッと下がる日だと言われています。それには女性ホルモンの分泌が関係しています。

プロゲステロンは体温を上げてくれる女性ホルモンなので、プロゲステロンの分泌が増える黄体期には体温が上がってきますが、それまではエストロゲンという女性ホルモンの影響で体温が低い状態です。排卵日はプロゲステロンが分泌される前の段階で起こるため、もし体温が最も低下しているタイミングで出血が起こっているのなら排卵期出血を疑ってみましょう。

生理後の出血を招く代表的な婦人科疾患

ここまで生理後の出血には2種類のものがあることと即受診すべき危険な症状などについてまとめてきました。ここからは実際に不正出血を招く可能性のある様々な疾患について紹介していきます。

似たような症状が無いかをチェックしてみて該当する場合は一度受診して医師に相談してみてください。

ポリープ

不正出血の原因となるポリープは主に2種類あると言われています。それが子宮内膜ポリープと子宮頚管ポリープです。子宮内膜ポリープに関しては無症状なことも多く、不妊やわずかな出血があって受診してみると子宮内膜ポリープだったというケースもあります。

一方で、子宮頚管ポリープの場合は下腹部痛などを感じることもあるようで、自覚症状として表れてくるようです。下腹部痛以外にも、臭いが強いオリモノや、お不正出血などが出てくることもあるようですので、出血の様子はきちんと確認するようにしていきましょう。

いずれのポリープの場合も基本的には切除する手術が行われます。その後、切除したポリープが悪性かどうかで今後の治療方針を決める時が多いです。手術は内視鏡で行うようなものなので比較的簡単な手術で日帰りでも行えるケースが多いと言われています。

子宮内膜症

子宮内膜症とは本来は子宮の中にできる子宮内膜が他の箇所にもできてしまい、それが剥がれる際に出血してしまうという病気です。婦人科疾患の中では非常に多い病気で日本人女性の10人に1人は子宮内膜症を患っていると言われている程です。

また、症状として痛みと不妊が現れることも多いのが特徴です、特に下腹部痛が起こりやすく子宮内膜症を患われている方の内、約半数の方は月経時以外も痛みがあると言われている程です。

治療としては手術や薬を使った治療を行われることが多いです。ただし、薬を使った治療の場合は根治的なものとなりにくく、根本的に治すには子宮と卵巣をすべて取り除くしか無いと言われておりまだまだ治療法が十分に確立しているとは言いにくい病気です。

粘膜下筋腫

子宮筋腫とは、子宮内に出来る良性の腫瘍の事ですが、小さいのものから大きいものまであり、数も1つとは限らず、たくさんある人もいるそうです。転移したりするわけではありませんが、本来ないはずのものが出来てしまうわけですから、身体にいろいろな症状が出てきます。

例えば、生理痛がひどかったり、出血が多かったりするのも子宮筋腫が原因かもしれません。その子宮筋腫の中に、「粘膜下筋腫」と呼ばれるものがありますが、これは筋腫が子宮の内側に出来てしまうものです。粘膜下筋腫は、他の部位に出来る筋腫よりも症状が強く現れたり、不妊の原因になってしまうとも言われています。

子宮筋腫には薬を使った治療法や手術で切除するなど様々な治療法がありますが最近では内視鏡などを使って筋腫のみを切除する治療法が一般的です。ただし、子宮筋腫には一般的にはこうすれば手術をするなどの基準が余り定められていないようで、症状の程度や医師の判断で手術を行うかどうかを決めるそうです。

粘膜下筋腫が原因で様々な症状に悩まれている場合は、どのような治療を選択するかを医師に一度相談してみると良いでしょう。

子宮体がん

子宮体がんとは子宮の太くなった部分である子宮体と呼ばれる箇所にできるがんのことです。そして、子宮体がんの場合は不正出血が見られることが多いと言われています。50~60代の女性に特に多いと言われており、閉経後に不正出血が見られた際は特に注意するようにしましょう。

子宮頸管炎

子宮頸部と呼ばれる箇所に細菌などの病原体が入り感染したものを子宮頸管炎と呼びます。性行為後に起こることが多く特に若い女性や妊婦は注意が必要と言われています。

子宮頸管炎により不正出血が起こることもありますが代表的な症状としては膿のようなネバネバしたおりものです。このようなおりものが出てきている場合は子宮頸管炎の可能性があるため一度受診をしてみても良いでしょう。

治療としてはどの菌が子宮頸管炎を起こしているかをまず把握します。そして、それができれば適切な薬を選び症状を起こしている病原菌を殺菌するようにします。

子宮膣部びらん

子宮膣部びらんとは正確には病気ではなく膣の部分が生理的にただれてしまっていることです。生理的にただれてしまっている状態なので病気とは異なり何か症状が出ることも少ないと言われています。

ただし、ただれてしまっている箇所は感染症を起こしやすくなったり、刺激に対して過敏なため子宮頸管炎など不正出血を招く病気の原因となってしまいます。

膣の辺りが少しただれている場合は悪化を防ぐために性行為などはなるべく控えておいた方が良いでしょう。また、症状がひどくなり痛みや不正出血が見られた際は一度受診して医師に相談してみるようにしましょう。

子宮頸がん

子宮頸がんとは膣につながる子宮の細い部分に起こるがんのことです。子宮頸がんは最初は子宮頸部の表面にある粘膜に起こりますが徐々に深くに浸透していき膣や子宮周り、骨盤などに転移し、最悪の場合は骨や肺などに転移する可能性もあります。

子宮頸がんは症状が出ない時もあり無自覚な方もいらっしゃいます。しかし、不正出血が起こることも多く特に性交時などに出血しやすいという特徴があります。おりものの量が増えることもあるのでこれらの症状を見逃さないことが大切です。

子宮頸がんは40代~50代の女性に起こることが最も多いと言われています。この時期は特にホルモンバランスも乱れやすい時期なので体調に大きな変化が起こる方が増え始めます。少しでも不安な症状があれば早い段階で一度検査をしてもらうようにしましょう。

卵巣がん

卵巣に悪性腫瘍ができることを、卵巣がんと言います。卵巣は子宮の左右にひとつずつある、直径約2~3cmの小さな臓器で、卵子を育てたり、女性ホルモンを分泌したりと、様々な細胞が活発に活動しているため、腫瘍ができやすいのだそうです。

腫瘍がある程度大きくなってきた場合にみられる症状は、下腹部のしこりを感じる、腹部膨満感、頻尿や尿が出にくいなどの排尿障害、便秘、更に卵巣の機能に異常をきたすことで、月経異常や不正出血が起こるようです。更に進行すると、貧血や体重減少などの全身症状が現れると言われています。

卵巣がんは、卵巣が身体の奥の方にあるため、初期段階ではほとんど症状が現れない場合が多く、症状が現れた時には、既にかなり進行しているケースが多いようです。そのためもし不正出血が頻繁に起こるなど、異常がある場合は、できるだけ早く婦人科を受診することが勧められています。

性器クラミジア感染症

性器クラミジア感染症という名前は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。一般的によく聞く性感染症の1つです。感染している人の粘膜と接することが原因で感染しますので、ほとんどの場合は性行為が原因になるようです。自分が感染していることを知らずに、パートナーに感染させてしまう場合が多いのではないでしょうか。

この性器クラミジア感染症は、特に女性は注意が必要です。不妊や子宮外妊娠、赤ちゃんへの二次被害として、赤ちゃんが肺炎になってしまうなどの可能性があるようです。症状として、まずは頸管に炎症が起こり、腹部、肝臓など、子宮周辺の他の臓器にまで炎症が起こってしまうそうです。妊娠、出産を考えている女性は、特に注意が必要です。

性器クラミジア感染症は、様々な種類がある性感染症の中で「感染してもほとんど自覚症状がない」と言われています。ただ不正出血などの症状が現れることもあるので、なにかしら異常を感じた場合は婦人科を受診する方が無難かと思います。

子宮内膜炎

子宮内膜炎は何らかの原因で子宮に細菌が入り、子宮内膜に炎症を起こす病気で、感染状況によって「急性子宮内膜炎」と「慢性子宮内膜炎」の2つに分類されます。

「急性子宮内膜炎」は細菌が侵入して、突発的に発症するもので、その症状は発熱や下腹部痛、腰痛、排尿痛、不正出血、おりものの増加などがあげられます。

「慢性子宮内膜炎」は、無月経、生理時の血が減るなどの症状はあっても、生理不順と思われるのか、見過ごされてしまうこともある病気です。急性子宮内膜炎とは違い、何らかの原因で細菌が体内の内部に侵入してしまい、その上に毎月子宮内膜が作られるので、その都度感染が起こっている状態のことを言うそうです。

子宮内膜は、通常であれば月経のたびにはがれて体外に排出されるため、炎症が起きることは考えられません。しかし、性行為で感染した淋菌が時間の経過と共に子宮内に侵入したり、月経時に清潔でないタンポンを膣内へ入れたりすることで細菌が侵入する可能性があると言われています。生理があまりに不規則な場合は一度病院で調べてみて下さい。

卵巣腫瘍

卵巣に腫れが生じた状態を卵巣腫瘍と言い、その多くは卵巣の片側に生じますが、中には両側に発生する場合もあります。卵巣腫瘍は他の臓器に発生する腫瘍と比べて種類が多く、良性、がんである悪性、それから良性と悪性の中間的なものの3つに分類されます。

一般的に内部に液体を含んだ「嚢胞性腫瘍」は良性のことが多く、硬いコブ状のかたまりである「充実性腫瘍」は約75~80%が悪性、もしくは「境界悪性腫瘍」だと言われています。

卵巣腫瘍はいずれの場合も、腫瘍が小さいうちはほとんど自覚症状がなく、腫瘍が握りこぶし大になった頃に症状が現れるそうです。その症状は腹部の膨満感や腹痛、更に進行すると便秘、頻尿、腹部にしこりを感じる、体重が増えた訳でもないのにお腹だけがぽっこりと膨らむ、不正出血、水っぽいおりものの量が増える、などがあげられます。

また腫瘍がお腹の中でぐるりと回転してしまう、「茎捻転(けいねんてん)」を起こした場合、激しい吐き気や嘔吐を伴う腹痛が起こり、時には意識不明に陥ることもあり、この場合は早急に手術を受ける必要があります。

膣がん

膣がんとは、女性器の一部で入口の膣口と、子宮を繋ぐ筒状の組織である膣にがんができることを指します。膣がんは、子宮がんや卵巣がんなどの女性器系のがん全体の約1~3%に過ぎない、非常にまれながんで、その大半は子宮がん検診などの検査で偶然見つかるものだと言われています。

膣がんの主な原因は、ヒトパピローマウイルスや、DESのような特定の薬剤によるものとされ、特に不特定多数と性的交渉を持つと、膣がんのリスクが高まるようです。

膣がんの症状として最も多いのは不正出血で、これは見てわかる場合もあれば、目では確認できないほど少量の場合もあります。その他の症状としては、性交時に痛みを伴うことや、おりものに血が混じる、異臭を伴うなどがあげられます。

膣炎

膣炎とは膣が炎症を起こした状態を指します。これは女性にとって珍しい病気ではなく、成人女性の3人に1人はかかったことがあると言われるほどです。

膣炎はいくつか種類があり例えば「膣カンジダ症」の場合は、白いチーズのようなおりものが出て、かゆみはかなり強く、外陰部が赤くなることもあるそうです。

「細菌性膣炎」の場合は、かゆみや赤みはほとんどなく、黄色や灰色の水っぽいおりものが出て、魚のような生臭い悪臭を放つという特徴があります。

「トリコモナス膣炎」の場合は、かゆみや外陰部が赤く腫れることがあり、おりものは黄緑色で、泡立っていたり、悪臭を放つことが多いようです。

そして「クラミジア膣炎」の場合は、粘り気のあるおりものが出ることや、不正出血、腹痛が起こることもあります。

膣炎は性交渉によってうつるものもありますが、普段から直腸の中の細菌が膣へ入るのを防ぐために、排便後は必ず、前方の尿道から後方の肛門へ向かって拭くようにする、陰部に触れるものは低刺激のものを選ぶ、などの点に注意が必要だと言われています。

茶色のおりものも不正出血だった!?

ここまで生理後の出血の様々な原因についてまとめてきました。ここで一つ見逃しがちな注意点について紹介しておきます。あなたは茶色のおりものが出ているということはありませんか?

もし茶色のおりものが頻繁に出ている場合は不正出血をしている可能性があります。というのもおりものは本来茶色いものではありません。おりものが茶色いということは血液が混じって色が変わってしまっている可能性があります。

鮮血ではないからと放置するのではなく茶色いおりものが長い期間、頻繁に見られているという方も一度病院を受診してみることをオススメします。

着床出血との見分け方は?

不正出血だと思っていたら着床出血だったという方も中にはいらっしゃいます。着床出血とは受精卵が着床する際に子宮壁が傷つけられることが原因で起こります。

もちろんこれはいけないことではなくむしろ赤ちゃんができたということのサインです。しかし、中には「着床出血だと思っていたら病気だった…」という方もいらっしゃいます。

着床出血と不正出血を見分ける方法を知りたいという方もいらっしゃいますが実際にはこれらの違いは非常に曖昧です。出血の量や色なども非常に似ていることが多いためしっかりと検査をしないと判断できないこともあります。

生理ではない時期に出血が見られ、妊娠が思い当たる方は一度産婦人科を受診するか妊娠検査薬で妊娠しているかどうかを確認してみるようにしましょう。

生理後の出血が見られた際の対策は?

最後に生理後に出血が見られた際の対策についてまとめておきます。とはいえ、ここまででもまとめたように生理後の出血には非常に多くの病気が隠されている可能性があります。

そして、中には放置すると非常に恐ろしい病気が原因になっている可能性があります。このため、最初にも述べたように生理後に多量の鮮血が出た場合や何か不安があった場合には一度婦人科を受診して必ず専門家に診てもらうようにしましょう。

ただし、中には不正出血が病気ではなく一時的なホルモンバランスの崩れにより起こっている場合もあります。その場合はホルモンバランスを整えるような生活習慣を意識することが大切です。

ホルモンバランスの崩れを整えるにはどうすれば良いの?

ホルモンバランスを整えるためには生活習慣を整えることが大切と言われています。生活習慣を整えるための基本は規則正しい生活とバランスの良い食生活です。食事のバランスが崩れている方は少し食事のバランスを整えるように工夫したり、就寝時間が遅い場合は少し早い時間に布団に入ることも非常に大切です。

基本的なことですが、忙しい時期や疲れが溜まっている時期には案外生活習慣が乱れていることが多くなります。生活習慣が乱れがちと感じている方は今からでも生活の一部を改善していくようにしましょう。